新米パパの育児留学

新米パパの育児留学

未経験からエンジニアへの転職体験談など "リアル" な情報を発信

30代未経験からIT・Webエンジニアに転職した私のロードマップ
30代未経験からIT / Webエンジニアへのリアルな転職体験談1 ”エンジニアを目指し求人応募へ”
クロスバイク  LIG(リグ) MOVE 700Cの組み立て手順まとめ
本当に使えるものだけ!出産準備品・ベビー用品で実際に買ってよかったおすすめ10選
Ruby初心者におすすめの学習方法「プロを目指す人のためのRuby入門」
Ruby on Rails チュートリアル 完全攻略 概要と演習解答総まとめ

cloud9でrailsサーバーが起動できない "warning: constant ::Bignum is deprecated"

cloud9でrailsサーバーが起動できない warning constant Bignum is deprecated width=

今回はcloud9でrailsの環境構築をする際につまった、「cloud9でrailsサーバーが起動できない "warning: constant ::Bignum is deprecated"」について紹介します。

GEEKLYのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職支援サービス

環境

・Cloud9

・Windows 10

 

現象

cloud9で新規プロジェクトを立ち上げ、rails 4.2.6をインストール。

新規アプリを作成し、いつものようにserverを起動するために以下を入力。 

$ rails server -b $IP -p $PORT 

 

すると、

 /usr/local/rvm/gems/ruby-2.4.0/gems/activesupport-4.2.6/lib/active_support/core_ext/numeric/conversions.rb:121: warning: constant ::Bignum is deprecated
(省略)

が表示されてrails serverがうまく起動されない。

 

なぜだ?

 

解決策

 現状のルビーのバージョンを確認。

$ ruby -v
ruby-2.4.0

 

rubyの旧バージョンをインストールしたい。

 

RVMでインストール可能なrubyを確認。

$ rvm list known
# MRI Rubies
[ruby-]1.8.6[-p420]
[ruby-]1.8.7[-head] # security released on head
(中略)
[ruby-]2.3[.3]
[ruby-]2.4[.0]

 

ruby 2.3.3をインストールする。

$ rvm install 2.3.3

 

再度現状のルビーのバージョンを確認。

$ ruby -v
ruby-2.3.3

 

rubyのバージョン変更に成功。

 

あとはいつもどおりサーバーを起動すると問題なく起動できた。 

 

原因

rails 4.2.6に対し、対応していないrubyのバージョン(2.4.0)を使用していたから。

これは以前にrails5.0系で開発(Ruby on Rails Tutorial)をしたことがあり、その際にrubyのバージョンも上げていたのですがそれがそのまま残ってしまっていたことが原因と思われる。 

ローカル開発ではなく、クラウド開発なのでrubyの環境設定が引き継がれていないと思い込んでいた。

 

GEEKLYのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職支援サービス

教訓

・クラウド(cloud9)開発でも開発環境設定は都度確認が必要である。 

 

 あわせて読みたい記事