新米パパの育児留学

新米パパの育児留学

未経験からエンジニアへの転職体験談など "リアル" な情報を発信

30代未経験からIT・Webエンジニアに転職した私のロードマップ
30代未経験からIT / Webエンジニアへのリアルな転職体験談1 ”エンジニアを目指し求人応募へ”
クロスバイク  LIG(リグ) MOVE 700Cの組み立て手順まとめ
本当に使えるものだけ!出産準備品・ベビー用品で実際に買ってよかったおすすめ10選
Ruby初心者におすすめの学習方法「プロを目指す人のためのRuby入門」
Ruby on Rails チュートリアル 完全攻略 概要と演習解答総まとめ

30代未経験からwebエンジニアへ転職した私のキャリア構築プロセス(34週目)

f:id:mochikichi321:20171218132720j:plain

異業種から未経験でエンジニアへ転職し、Ruby(Ruby on Rails)エンジニアとして新しいキャリアがスタートしました。エンジニアとしてのキャリアを構築していくプロセスを綴っていきます。これからエンジニアを目指される方の参考になれば幸いです。

この記事を書く目的

・学んだことをアウトプットすることで理解を深める

・業務/学習の軌跡を残すことで自分が指導する立場になった時にどこでどういうことにつまづいたかがわかり指導しやすくなる

・エンジニアを目指してプログラミングを学習している方がエンジニアの仕事がどんなものかをイメージしやすくなる(会社によるので一例として)

業務

・独自gemログの集計と解析

・[Rails5.1化] 独自gemの改修

・コードレビュー

学び

独自gemの改修

関わっているサービスでは、Railsオリジナルのgemにパッチを当てて独自gemをいくつも作っている。

今回Rails5.1化対応をしているが、オリジナルgemのバージョンアップに伴い、中身が変更されており、独自gemもメンテナンスする必要がある。

独自gemを作成するのは便利なのだが、こういったメンテナンスはかなり大変だし、思わぬエラーを引き起こしハマリどころになる可能性もある。

効果と責任を十分検討して導入する必要があるということを痛感。

独自gemを減らしていく方向ではあるが、複雑に絡み合っててなかなか手が付けられないということにもなるので要注意。

参考:Ruby on Rails アプリケーションにおけるモンキーパッチの当て方

所感

サービスの独自仕様などを実現するために、Railsオリジナルのgemにパッチを当てて独自gemを作成することがよくあるが、メンテナンスがかなり大変だということを痛感。

効果と責任を十分検討して導入する必要があるな。。

GEEKLYのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職支援サービス