新米パパの育児留学

新米パパの育児留学

『育児留学』とは、育児を通して異なる視点を得たり新しいことに挑戦して自己成長に繋げること。育児奮闘中の新米パパが育児を通して得た気づきや感じたこと、育休中に習得したプログラミングに関する話題を発信していきます。

未経験からエンジニアへ転職した私のキャリア構築プロセス(28週目)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mochikichi321:20171218132720j:plain

異業種から未経験でエンジニアへ転職し、Ruby(Ruby on Rails)エンジニアとして新しいキャリアがスタートしました。エンジニアとしてのキャリアを構築していくプロセスを綴っていきます。これからエンジニアを目指される方の参考になれば幸いです。

この記事を書く目的

・学んだことをアウトプットすることで理解を深める

・業務/学習の軌跡を残すことで自分が指導する立場になった時にどこでどういうことにつまづいたかがわかり指導しやすくなる

・エンジニアを目指してプログラミングを学習している方がエンジニアの仕事がどんなものかをイメージしやすくなる(会社によるので一例として)

業務

・[rails5.0化対応]ダイナミックルーティング廃止

・パフォーマンスチューニング

・本番環境のログを出す変更

・コードレビュー

学び

unless~elseはやめよう

  • 最初からこう書くことはあまりないと思うが、修正を加えたときなどに注意
  • elseが"xでないのでない場合"となり混乱する
  • 下記のように処理式を入れ替えればif~elseで書ける
# bad_case
unless x            #xでない場合
  puts "x is false"
else                #xでないのでない場合(=xの場合)
  puts "x is true"
end
# good_case
if x                #xの場合
  puts "x is true"
else                #xでない場合
  puts "x is false"
end

linuxで入力したコマンドの履歴(history)を消去

誤ってlinuxコマンドに直接パスワードを入力してしまった場合など、履歴を消去したい時に

# 履歴を表示
$ history
# 一括消去
$ history -c
# 指定の履歴のみ消去
$ history -d 履歴番号

所感

コードチェックで可読性が悪いというコメントを受けた。問題なく動きはするが、たしかに、コードを読む人の誤解を招きかねないような書き方はよくないな、と勉強になった。