新米パパの育児留学

新米パパの育児留学

『育児留学』とは、育児を通して異なる視点を得たり新しいことに挑戦して自己成長に繋げること。育児奮闘中の新米パパが育児を通して得た気づきや感じたこと、育休中に習得したプログラミングに関する話題を発信していきます。

未経験からエンジニアへ転職した私のキャリア構築プロセス(20週目)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:mochikichi321:20171218132720j:plain

異業種から未経験でエンジニアへ転職し、Ruby(Ruby on Rails)エンジニアとして新しいキャリアがスタートしました。エンジニアとしてのキャリアを構築していくプロセスを綴っていきます。これからエンジニアを目指される方の参考になれば幸いです。

この記事を書く目的

・学んだことをアウトプットすることで理解を深める

・業務/学習の軌跡を残すことで自分が指導する立場になった時にどこでどういうことにつまづいたかがわかり指導しやすくなる

・エンジニアを目指してプログラミングを学習している方がエンジニアの仕事がどんなものかをイメージしやすくなる(会社によるので一例として)

業務

・[rails5.0化対応]ダイナミックルーティング廃止

・パフォーマンスチューニング(レスポンスタイム改善)

・バッチ切り替え

・コードレビュー

学び

hostnameで判定する

hostnameで判定したい場合に当初は以下のように環境変数を使おうとした。

config.hn = ENV['HOSTNAME'].match(/foobar/)

しかし、環境変数を設定していない場合、nilとなりno methhod errorになってしまう。
そこで、以下のように修正した。

config.hn = `hostname`.strip.match(/foobar/)

hostnameコマンドであれば環境変数定義に依存せずに判定できる

stripはなくてもよいが改行あるの気持ち悪いので削除

require 'socket'してSocket.gethostnameで判定する方法もあるが、ライブラリ不要でよりシンプルなhostnameを選択
Socket

tmuxを使う

ターミナルを複数起動していたけど一元管理できてかなり使いやすくなるのでおすすめ!

tmux:1つのターミナルで複数の仮想端末を操作できるソフトウェア

tmuxを使い始めたので基本的な機能の使い方とかを整理してみた

tmuxの使い方

所感

tmuxを使い始めた。ターミナルを複数起動していたけど一元管理できてかなり使いやすい。生産性上げるために環境整備は大事。