新米パパの育児留学

未経験からエンジニアへの転職体験談など "リアル" な情報を発信

30代未経験からwebエンジニアへ転職した私のキャリア構築プロセス(6週目)

f:id:mochikichi321:20171218132720j:plain

異業種から未経験でエンジニアへ転職し、Ruby(Ruby on Rails)エンジニアとして新しいキャリアがスタートしました。エンジニアとしてのキャリアを構築していくプロセスを綴っていきます。これからエンジニアを目指される方の参考になれば幸いです。

この記事を書く目的

・学んだことをアウトプットすることで理解を深める

・業務/学習の軌跡を残すことで自分が指導する立場になった時にどこでどういうことにつまづいたかがわかり指導しやすくなる

・エンジニアを目指してプログラミングを学習している方がエンジニアの仕事がどんなものかをイメージしやすくなる(会社によるので一例として)

業務

・[rails5.0化対応] XXX_filter を XXX_action へ置換

・[rails5.0化対応]ダイナミックルーティング廃止

・独自gemによるDepricationError対策

・コードレビュー

学び

・置換した後は、config.eager_loadをtrueにしてrails cすると本番環境同様テストできる

config.eager_loadをtrueにすると、config.eager_load_namespacesに登録された事前一括読み込み(eager loading)用の名前空間をすべて読み込みます。ここにはアプリケーション、エンジン、Railsフレームワークを含むあらゆる登録済み名前空間が含まれます。

Railsガイド:3.1 Rails全般の設定

所感

この週は年末の週だったのでデプロイは仕事納めの日の3日前までにほぼ完了させ、緊急用以外はデプロイしないという社内ルールになっていた。

デプロイ後にバグやエラーが生じやすいので年末年始のトラブルを極力避けるためだ。

以前のメーカでの職場は逆で、「今年のうちに!」、「今週のうちに!」と駆け込みで仕事をやってることが多く、あせってミスがあったり、休日対応があったりした。

仕事の内容ももちろん違うが、仕事のやり方もまったく違う。合理的だ。

GEEKLYのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職支援サービス

あわせて読みたい記事

mochikichi.hatenablog.com

mochikichi.hatenablog.com

mochikichi.hatenablog.com